昨日、9月5日 午後8時(英国時間)オーラソーマの新しいボトルが誕生しました。

大天使カシエル。上層の色がエメラルドグリーン/下層の色がミッドトーンオリーブのボトルです。

B113

新しいボトルの誕生??って、オーラソーマに出会ったことがない方は不思議に思うかもしれません。

実は、オーラソーマは現在進行形のカラーケアシステムで私たちの意識の発展に必要なボトルが宇宙からもたらされ、生み出されているのです。

大天使カシエルに関して公表された情報はこちら。

私たちは、これから、思考ではなく、ハートの軽やかさで生きる時代に入ってきていると言われています。もう、既にそのことを知り、実践されている方。そして、知識としては知らないけれど、何となくその方向に向いている方。知っているけれど、今までのパターンを繰り替えしながら試行錯誤している方。そしてまだ知らない方など人それぞれだと思います。

ハートへの道のプロセスは100人いれば100通りあり、その人の魂レベルで選択している「道」があるということだと思います。

大天使カシエルの色、エメラルドグリーン/オリーブグリーンは太陽神経叢(イエロー、権力、パワーと関連しています)からハートへの旅に向かうことに関連しています。オリーブグリーンがハートへの橋であり、グリーンはハートです。チャクラ理論をご存知の方はピンとくると思いますが、オーラソーマでは、サトルアナトミーという独自の色とチャクラ、オーラ、身体に関する理論があります。下の図の➡︎オリーブの橋ハートのエメラルドに入って行きます。

私たちが権力や力を得ること、それにコントロールされたり、失うことの恐れや不安を手放し、ハートの真実からハートを開いて生きる時に向かう時、オリーブの橋を通ります。


SubtleAnat オリーブ

オーリーブグリーンは、「希望」を表します。しかし、希望に至るにはある種の苦みや失望を感じます。それをパンっとはね付けて見ないようにしてもまたいつかそれはやってくる。はね付けて出したエネルギーはまた戻って来る。だから、私にとってのオリーブグリーンの理解は、失望や苦みはしっかり味わい、マリネのように熟成させるということなんです。オリーブの実は苦いけれど、マリネにすると甘みが出てきます。発酵食品がブームであることも、私たちの意識がこのレベルに入ってきていることの象徴であるような気がします。

ちなみに、私の屋号はオリーブのリースと白い鳩です。
Office Premiere Logo

大天使カシエルに関して発表されたメッセージで、

「人生の舞台において私たちを困惑させるものを、白い鳩が運び去ります。方向性が明確になるにつれて、愛の深みを通して私たちの困難さが変容されていきます。」

という記載がありましたが、このインスピレーションで受け取ったロゴの意味の理解が深まったような気がします。自分が「考えた」ロゴではないので、「何でこれなのか??」は分からなかったのです。少しずつ扉が開いて分かってくる感じです。「分からない」ということを知っていることは、「分かる」に近づいていくこと。それは大きなギフトなのかもしれません。

大天使カシエルの発表された難しいメッセージを読んでも難しいすよね!でも、それを分かっていくシンプルな方法が1つあります。それは、ボトルを見て、感じで、そして使ってみること。イクイリブリアムの日本への到着は10月中旬の予定です。また追ってご連絡いたします。