今日は、私達の集合意識と「色」の話をします。

今の時代の私達の集合意識を表す色は「コーラル」です。ここでお話しているのは、ファッション界で発表されているトレンドカラー、流行色の話ではなく、私達、人類全体の意識の色のお話です。(もちろんトレンドカラーもこの集合意識の影響を受けているものもあると思いますが・・・。)

「コーラルCoral 」は 珊瑚礁の色です。

色には補色、俗に言う反対色があります。それがターコイズ。南の島の海の色です。

ターコイズの海に珊瑚礁。イメージしやすい組み合わせですね!


さて、珊瑚は海中で酸素を作り出す機能を持っているので、「海のオアシス」とも言われ、海中の生態系を守る役割を果たしています。また、ご存知の通り、珊瑚の外側は硬いのですが、内側は柔らかい。繊細で海水が汚染されると死んでしまいます。

そして珊瑚の色コーラルについて・・・。

色には象徴的な言語がありまして(本当は色のエネルギーを敢えて言葉で表現するとするなら・・・と言うことなのですが・・・)、コーラルの色は、新しい時代の「目覚め」の色です。自分自身を愛し、今まで条件付けられてきたパターンから抜け出して、自立していく色でもあります。また、相互依存やコミュニティとも関連しています。

個人が目覚めて、自分らしさを発揮し、人と共感的な繋がりが築けるのですね!

また、コーラルの色を持つ人は、繊細で周りの出来事や人の感情を吸収して疲れてしまうと言ったことがあるでしょう。

一方、補色のターコイズは、海の中で泳ぐドルフィンに象徴されます。イルカ達を見ていると、自由で遊び心があって、ハートからのコミュニケーションをしてくれる優しい存在ですよね!人間を癒してくれる存在でもあります。

また、ターコイズはコミュニケーションのツール、コンピュータにも関連します。

 

いかがですか?

コーラルとターコイズの色から、今、私達の社会で広まっている現象を見て取れますね!

コンピュータディバイス、スマートフォンの普及に伴い、自由に自分を表現し、人と繋がるためのツール、Facebook, Instagram, TwitterなどのSNSで発信する人が増えてきました。10年程前は、自分の顔写真や個人情報をインターネット上に公開することは勇気がいることだった記憶があります(笑)

SNSのお陰で物理的距離を超えて、今まで出会えなかった人と出会ったり、再会したり出来るようになりました。また、今まで認知度の低かった商品、サービス、お店、観光地など、世界中の人に知ってもらうことが出来るようになりました。広告宣伝費を掛けずに、自分のやりたい仕事で起業したり、夢の実現のためのツールとして大いに活用している人もいるでしょう。

一方で、物事には両側面あるように、「何でもかんでも、発信すればいいってものではないのよね〜。」と言う感じもしていますし、 SNSを見ていると、情報の海の中の珊瑚のような気がしてきます。

「情報の海の中の珊瑚」。文字になった人の感情を受け取ってしまったり、知らず知らずのうちに人の思考パターンの影響を受けていたりするかもしれません。また、触れたくない情報も目にしてしまいます。

この繊細さ、違和感、自分自身のフィーリングをきちんと感じて、その背後にあるものに気づいていくことが、「目覚め」の可能性となっていきます。

コーラルとターコイズと言う色を通じて分かりやすく説明しようとしたのですが、返ってまわりくどかったかもしれません(笑)

私達、個々人が自分を表現しだした時、個々人の違いを楽しむプロセスもありますし、違いから自分自身を深く知るプロセスもあります。また、違いから分離感や孤独感を感じることもあります。

こう言ったプロセスを大切にする空間を心掛けています。