タロットカードと魂の目覚め

タロットⅫ「吊るされた男」〜2020年はコペルニクス的転回点!〜

タロット「Ⅻ」吊るされた男(The hanged man)は、男が宙づりになっています。
頭には後光で輝き、聡明そうな顔をしています。XⅠ「正義」で真実を知り天秤秤のようにバランスを取ることが出来たら、私達の世界の本来の在り方を受け入れ、叡智を身について行くことになるでしょう。

私達の世界は、パラドックス(両義性)で成り立っており、本来矛盾して両立しないように思えることが、実は同時に真実であります。
人生を深く知ろうとする時、今までの見方をひっくり返し、眺めることで、自分が見て来た世界はなんて表面的だったんだろうと唖然とすることがありますが、そのプロセスを繰り返し、悠然としているのが「吊るされた男」の姿かもしれません。

例えば、人生では物事は積み重ねて努力することが結果を出す秘訣だと多くの人が思っていますが、実は、物事を自分で何とかしようとするコントロールを手放し、明け渡すことによって成就すると言う世界観もあります。「吊るされた男」は社会の多くの人が「正しい」と言っていることでも必ずしも「正しい」訳ではないと言うことを示しているようです。

世界観が全く変わるって行く「今」だから、「吊るされた男」の世界観は鍵になることでしょう。ちなみに私は、人の逆しか見えなくて、後光が差すどころか孤独を感じておりました(笑)人の見るあべこべの世界を見ながら、反転させて人に合わせて会話するのがとても大変でした。


 

 

 

 

 

 

キーワード

手放す、執着しない、世界の見方を反転させる、一時中止

 

社会が大きく変わって行く中で、新しい世界観を手に入れ、しなやかに、柔軟に生きていけるように、「ハート❤️で生きる目覚めのためのカウンセリング」をオンライン(Zoom, Skype, LINE等)でさせて頂きます。

オンラインカウンセリング


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です